« 続・司法試験合格後に法科大学院に行こう(?) | トップページ | 口述試験体験記 »

2012年10月17日 (水)

参議院選挙定数不均衡違憲訴訟大法廷判決

10年参院選は「違憲状態」 1票の格差で最高裁(東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012101701001533.html

行ってきました、大法廷。

Photo_2

「法令違憲判決の言い渡しを生で聴きたい」というミーハーな動機で傍聴したんですが、期待は外れてしまいました。
違憲の主張を法の下の平等ではなく、統治論から再構成する画期的な訴訟でしたが、最高裁の判断は「違憲状態」にとどまり「違憲」までは踏み込みませんでした。

ただ、反対意見、補足意見があるようですから、明日の新聞でじっくり読んでみます。

« 続・司法試験合格後に法科大学院に行こう(?) | トップページ | 口述試験体験記 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576385/55912547

この記事へのトラックバック一覧です: 参議院選挙定数不均衡違憲訴訟大法廷判決:

» 参院選違憲状態:「現行方式を改める必要」最高裁 政治家にどうやって制度改革をさせるか [自分なりの判断のご紹介]
これはご存知? 1973年:尊属殺人罪 1975年:薬局設置における距離制限(薬事法) 1987年:共有林の分割制限(森林法) 2005年:在外邦人の選挙権の制限(公職選挙法) 学校で習いましたよね 「違...... [続きを読む]

« 続・司法試験合格後に法科大学院に行こう(?) | トップページ | 口述試験体験記 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ