« 支えてくれた人たちに「感謝」 | トップページ | バックグラウンドの多様性の検証(出口編) »

2012年10月 8日 (月)

「非正規軍」の戦歴

以前のエントリーで書いたように、私はこれまでいろんな試験を受けてきました。その多くは合格までのルートが複数ありました。私としては、いずれも「正規」のルートを通ってきたつもりです。
でも、人によっては私の選択したルートを「非正規」と捉えるかもしれません。予備試験受験生を「非正規軍」という人は、新司法試験と並行運用された平成18年以降の旧司受験生も「非正規軍」と呼ぶでしょう。また少数派=非正規と捉える人もいるかもしれません。

そんなことを考えながらあらためて自分の受験歴を思い起こしてみました(時系列)
①電話級アマチュア無線技士国家試験
②高校受験
③原付運転免許試験
④小型二輪運転免許試験
⑤中型二輪運転免許試験
⑥大学受験
⑦普通自動車仮免許試験
⑧普通自動車本免許試験
⑨入社試験
⑩旧司法試験

①アマチュア無線技士国家試験(1勝0敗)
中学1年の時に国家試験(年2回実施)で取得しました。合格率は2割程度だったという記憶があります。
この国家試験とは別に、国から委託を受けた法人が実施する講習を受ける、というルートがありました。1、2週間程度の有料講習を受けて最終試験を受ければ、受講者のほとんどは合格する、という制度でした。

②高校受験(1勝0敗)
当時、推薦入学のような、一般入試とは別のルートはなかったと思います。私は家計への負担を考えて公立1校のみ受験しました。

③原付運転免許試験(1勝0敗)
試験場での筆記試験しかありませんでした。

④小型二輪運転免許試験(1勝3敗)
試験場での一発試験で取りました。当時125ccのバイクまで運転できる免許でした。自動車教習所ルートもありまましたが、この免許を取ろうとする人はそもそも少なかったと思います。私も中型二輪への足がかりとして取得しました。

⑤中型二輪運転免許試験(1勝1敗)
同じく「一発試験」で取りました。400ccまで乗れる免許ですが、ほとんどの人は教習所ルート(学科のみ試験場)で取得していました。

⑥大学入試
(1)現役時代(1勝5敗)→大学浪人へ
当時はAO入試などはなく、一般入試以外のルートの主流は、学業成績またはスポーツ成績優秀な生徒が推薦で進学するルートでした。当時、私の周りで推薦で難関大学に行った奴は、ものすごく勉強ができ、おそらく一般入試でも簡単に受かったであろう実力の持ち主でした。このあたりは現在のAO、推薦、内部進学花盛りの時代とは、ちょっと違うかもしれません。

(2)浪人時代(5勝3敗)→大学進学へ
浪人生に一般入試ルート以外の選択の余地はありませんでした。

⑦普通自動車仮免許試験(1勝3敗)
これも「一発試験」で取りました。ただ、現在と同様、教習所ルートで取得するのが「本道」でした。

⑧普通自動車本免許試験(1勝1敗)
「一発試験」で2度目で合格しました。教習所ルートに行かなかったことで、仮免許を含めた普通免許取得費用は総額3万円程度で済みました。

⑨入社試験
(1)新卒年(0勝4敗)→就職浪人へ
当時は「就職協定」という経済界の紳士協定があり、新卒年(ふつうは4年生)の10月1日(11月だったかも)が就職試験の解禁日とされていました。
しかし、協定は有名無実化し、解禁前に企業側が事実上の就職面接を行い、その中から内定者を決めるという「青田買い」が当たり前になっていました。当時の学生の就職活動は、この「青田買い」ルートが本道でした。
私は、就職協定を守り、解禁前の「会社訪問」と称した事実上の就職面接は受けず、解禁後に行われた正規の入社試験を受験する道を選びましたが、見事に散りました。

(2)既卒年(1勝0敗)→社会人へ
経済的事情から自主留年はせず、4年で大学を卒業しました。そのため新卒扱いにならず、就職試験を受けられる企業は、極めて限定されてしまいました。そんな状況でも就職協定を守り、協定解禁後の正規の入社試験に臨んで内定をもらいました。

⑩旧司法試験(1勝10数敗)
平成16年から法科大学院制度が始まりましたが、新試験ルートを選択できる環境にありませんでした。

こうして思い起こしてみると、どっちが正規か非正規かはさておき、少数派で、手間ひまかかる回り道のルートを主に選んできたと思います。

合格してしまえば、ほかのルートとの違いはほどんどありません。

ただ、合格した時に見渡す周りの景色が違って見えたかもしれません。

※参考 ふかわりょう BLOG第371回より引用

たとえば、富士山の山頂までずっと歩いて来た人にとっての景色と、ヘリコプターで山頂まで届けてもらった人にとってのそれとでは、同じ景色であってもまったく別物といっていいくらい印象度は違います。心に刻まれる深さが違うのです。

« 支えてくれた人たちに「感謝」 | トップページ | バックグラウンドの多様性の検証(出口編) »

司法制度」カテゴリの記事

司法試験」カテゴリの記事

コメント

Schulze先生の記事から飛んできました。素敵な記事だなっと思い思わず書き込みました。原文のふかわさんの記事も素晴らしいですよね。同じ芸能人の方では北川景子さんのブログも好きです。私もローに行っていない(行けない)非正規軍ですが負けずに頑張ります。

コメントありがとうございます。ご自身の選んだルートが、ご自身にとって最適で正しい道だと信じて頑張ってください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576385/55835441

この記事へのトラックバック一覧です: 「非正規軍」の戦歴:

« 支えてくれた人たちに「感謝」 | トップページ | バックグラウンドの多様性の検証(出口編) »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ