« 平成24年度司法試験予備試験の合格者数を占う | トップページ | 「非正規軍」の戦歴 »

2012年10月 5日 (金)

支えてくれた人たちに「感謝」

いつも感銘を受けながら読ませていただいているブログ「Schulze BLOG」のエントリー「メガンテの呪文」は、長く旧司法試験を受験してきた私にとって、心に染みるお話でした。

私はこれまで「試験」と称されるものを数多く受けてきて、それぞれに合格までの苦労話はあります。
でも、旧司法試験だけは別格です。あまりに難関で過酷な試験であるがゆえに、受験生活の中で、身近な人を物心両面で巻き込んでいくことが多々あります。それだけに自分の苦労だけでは済まないエピソードが、ほかの試験に比べて格段に多いのです。

受験期間が長くなれば、応援してくれた人との永遠の別れもあります。今、思い返すだけも鼓動が高まり、キーボードをたたく手が震えるほどの悔恨を呼び起こす記憶もあります。

先日、ある方に「合格した瞬間どんな気持ちでしたか?」と尋ねられました。あらためて思い返してみたら“うれしさ爆発”という感じではありませんでした。

“十数年間、背負ってきたいろんな肩の荷が一気におりてホッとした…”

もちろん、うれしいんですが、9割は安堵感が占めていました。
そして、様々な人の顔が頭に浮かびました。既にこの世にいない人の顔もありました。
心に湧いたのは、これらすべての人への「感謝」でした。

私は、こうした気持ちをうまく表現できないので、勝手ながらSchulzeさんのブログから引用させていただきます

「あらためて思ったのは、自分に今があるのは、決して一人の力ではなかったということです。
色々な人から支えられ、その思いを受けとめながら、今がある。」

肝に銘じながら生きていこうと思います。

« 平成24年度司法試験予備試験の合格者数を占う | トップページ | 「非正規軍」の戦歴 »

司法試験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576385/55817479

この記事へのトラックバック一覧です: 支えてくれた人たちに「感謝」:

« 平成24年度司法試験予備試験の合格者数を占う | トップページ | 「非正規軍」の戦歴 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ