« 貸与申請率が下がったことの意味 | トップページ | 採点実感を見た「実感」 »

2013年1月18日 (金)

平成25年司法試験の出願状況(1月18日現在)※追記あり

平成25年司法試験の出願状況が発表されています(1月18日現在)
http://www.moj.go.jp/content/000105847.pdf

1 出願者数等10,318人
(1) 性別構成
男性7,568人(73.3%)
女性2,750人(26.7%)
(2) 受験資格
ア法科大学院課程修了の資格に基づいて受験する者10,077人
(ア) うち修了見込者3,179人
(イ) うち修了者6,898人
イ司法試験予備試験合格の資格に基づいて受験する者184人
ウ法科大学院課程修了見込者で,同課程修了の資格に基づいて受験するが,同課程を修了できなかったときは司法試験予備試験合格の資格に基づいて受験する者57人

あくまで単純計算ですが、予備試験の第1期合格者でまだ最終合格していない方が58人で、第2期合格者が219人ですから、予備合格資格で受験可能な人は計277人。
このうち予備合格資格で出願した方が184人、ロー修了見込みで出願した方が57人で計241人となります。
まだ出願段階で何とも言えませんが、予備組の受け控えは少ないのかなあ、と思います。好結果を期待します。

※追記(1月19日)
SchulzeBLOGさんの記事によると、

昨年は、予備試験合格者116人のうち、予備試験合格資格で出願した人が95人、ロー修了見込みで出願した人が6人、合計101人でした。(出願率87.1%)今年が277人中241人出願ということは、出願率87.0%で、昨年とほとんど変わりません。

とのことで、拙記事中「予備組の受け控えは少ない」との見立ては現時点では合理的な分析とはいえませんでした。申し訳ありません。

※参考記事「平成25年司法試験出願者数10,318人 2年連続で減少」
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52000444.html

※追々記(1月19日)
さらにschulzeさんに数字の間違いを指摘していただきました。

「予備試験の第1期合格者でまだ最終合格していない」人は58人ではなく52人です。理由は、ロー修了資格で受験している人が6人いるため。
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51977051.html

度重なる不手際をおわびします。

« 貸与申請率が下がったことの意味 | トップページ | 採点実感を見た「実感」 »

司法試験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576385/56568024

この記事へのトラックバック一覧です: 平成25年司法試験の出願状況(1月18日現在)※追記あり:

« 貸与申請率が下がったことの意味 | トップページ | 採点実感を見た「実感」 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ