« 「ゆとり教育」の責任論と法科大学院制度 | トップページ | 法曹養成制度検討会議第10回配布資料 »

2013年3月10日 (日)

東大文一が「文系最難関」を死守

注目していた東大文系入試ですが、本日(10日)合格発表があり、合格者最低点、合格者平均点とも文一(≒法学部)が他の科類を上回りました。
http://www.u-tokyo.ac.jp/stu03/h25/pdf/zenkisaikousaiteiheikin.pdf

「伏兵」の文三との最低点の差は1点強(文一348.5333、文三347.2111)でした。文三は受験者のセンター点の高さなどが反映したと思われます。

来年以降も志願者数、合格者最低点等の指標を見て行こうと思います。

« 「ゆとり教育」の責任論と法科大学院制度 | トップページ | 法曹養成制度検討会議第10回配布資料 »

司法制度」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576385/56929679

この記事へのトラックバック一覧です: 東大文一が「文系最難関」を死守:

« 「ゆとり教育」の責任論と法科大学院制度 | トップページ | 法曹養成制度検討会議第10回配布資料 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ