« 日弁連は給費制復活の旗を事実上降ろしたのか | トップページ | 法曹養成見直し 根本理念を大いに疑う(岩手日報社説) »

2013年4月17日 (水)

法務省パブリックコメントの「意見提出上の注意」

「法曹養成制度検討会議・中間的取りまとめ」について(意見募集)
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000099546

「3 意見提出上の注意」のところに

お寄せいただいた御意見については~(中略)~原則公表させていただき,その際,氏名又は法人名についても併せて公表させていただくことがありますので,あらかじめ御了承願います。

と書いてあります。

氏名が公表される場合があるとすれば、意見提出をためらう人もいるでしょう。そこで法務省の担当課に問い合わせたところ「匿名を希望する(氏名を公表されたくない)旨を書き添えてくれればそのように配慮する」との返答を得ました。

一方、電子政府窓口「イーガブ」の該当ページの「意見提出フォームへ」から提出する場合は、「差し支えなければ、意見提出にあたっては、住所、氏名等の情報を入力してください。(任意)」と書いてあることから、「提出意見」以外の氏名等の入力は任意です。ただし、電子政府窓口にメールで問い合わせたところ、次のような返答を得ました。
「意見募集案件ごとに規定がある場合がございますので記入をしなくても受理していただけるかは、お手数ですがお問い合わせ先に事前に確認していただくことをお勧めいたします。」
また、2000字の字数制限があるとのことです。

私はメールで提出するつもりなので、とりあえず自分の意見提出に関しては上記の法務省担当課の返答で了解しましたが、心配な方は法務省担当課へ直接確認した方がいいかもしれません。

それにしても本人の意思を明確に確認しないまま意見提出者の氏名を公表することがあり得るなんて、パブコメのデフォルトなのかと疑問に思って他省庁の意見募集要領をいくつか調べてみたら、例えば消費者庁は「頂いた御意見については、提出者の氏名や住所等、個人を特定できる情報を除き、内容等を公開する可能性があります」とし、そのほか内閣府、文科省、警察庁、経済産業省、国土交通省、環境省も同様でした。

一方、法務省の別のパブコメは
「提出された方の氏名(法人その他の団体においては,名称),御意見の内容等公開する可能性があること~中略~をあらかじめ御了承願います」(「民法(債権関係)の改正に関する中間試案」に関する意見募集)としており、どうやら法務省独自の方式みたいです。

一般の市民一人一人は公人じゃないですし「事前に、広く一般から意見を募り、その意見を考慮することにより、行政運営の公正さの確保と透明性の向上を図り、国民の権利利益の保護に役立てる」というパブコメの目的(イーガブHPより)からすれば、法人団体はともかく、個人は本人が公表を望まない限り匿名にする、という対応が適切で、意見提出に躊躇をもたらす法務省方式はパブコメの趣旨に反し、問題があるように思います。改善を希望します。

なお、提出された意見の内容は「原則公表」とのことですから、匿名か顕名か、とか、意見内容によって恣意的な選別がなされないよう強く要請します。

« 日弁連は給費制復活の旗を事実上降ろしたのか | トップページ | 法曹養成見直し 根本理念を大いに疑う(岩手日報社説) »

司法制度」カテゴリの記事

コメント

パブリックコメントについて、私と繋がりがある原発反対運動家や団体や労働組合に投稿をお願いしました。
給費制の意義をといて、「借金付けにする貸与制とロースクールを直ちに廃止しろ。 三振制で若者の夢を奪うな。
ロースクールと三振制を辞めて、誰でも受けられるようにしろ。」
とその一言で良いので、と投稿を呼びかけました。

中には組合として声をあげると力強い言葉もいただきました。

甲南ロー出身の弁護士さま
「絶対に安全ですよ」と言ってきた国と電力会社、
「7~8割は受かりますよ」と言ってきた国とロー。
どっちも詐欺的ですね。

原発の場合は、まさかあれほどの津波がくるとはなかなか予測できませんでした。一方、ローシステムの破綻は最初から明らかでした。つまり、明らかにインチキな商品を政府がグルになって売りつけたのです。原発とは詐欺の度合いが違うでしょう。甲南出身の弁護士さん、頑張ってください。

実名の上に連絡先まで添えて、法科大学院は国家的資格商法詐欺ですと言及させていただいております。
もう今更ですが、後は自然淘汰されるまで、どうやって生き残るかですね。

>実名でパブコメさま
この「法務省方式」は、意見提出を萎縮させる点で大変問題ありますね。 ちょっと調べたら高ビーな外務省のパブコメですら、名前は不明点の問い合わせ目的にしか用いず、意見は名前を除いて公表するとしています。人権擁護を標榜する省のやり方とは到底思えません。

法務省の永住権の資格申請に最低必要な年数を一年にしようとしていますが、もっと長くして申請者本人の身体検査(いわゆる、あらゆる面で審査すること)をもっと厳格にして、果して永住権を与えていいかどうかを判断するの期間を持ったほうがいいと思います。最低5年は必要です。あまり緩くしてやたらに与えない方がいいと思います。今の法規制では甘すぎます。アメリカのような移民国家じゃないのですからできるだけ多くの外国人は入れない方が良い。トランプ大統領のようにある程度規制をかけないと、日本の治安が悪くなってしまいます。世田谷一家殺人事件のような残忍な事件は日常茶飯事で女性の夜の一人歩きもできなくなります。大体外国人というと韓国、中国からだと思います。日本の現在の犯罪の三分の二は韓国と中国です。もっと厳しくしないと日本が日本でなくなります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576385/57192177

この記事へのトラックバック一覧です: 法務省パブリックコメントの「意見提出上の注意」:

« 日弁連は給費制復活の旗を事実上降ろしたのか | トップページ | 法曹養成見直し 根本理念を大いに疑う(岩手日報社説) »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ