« 朝日の論調に変化の兆しなし | トップページ | 「合格3千人」撤回了承 司法試験の目標設けず(共同通信) »

2013年4月 6日 (土)

司法試験の不合格要因

司法試験、予備試験の短答式まであと約1カ月に迫りました。
この時期になると、今でもソワソワしてしまいます。

自分が受験生の時、合格者の合格体験記(談)から、合格するための要因は何かを探ることに躍起になっていました。

でも、自分の十数年に及ぶ「不合格体験」を振り返ると、不合格要因が何かを探り、それを除去することもかなり重要だと思います。
私のように長年頑張っていてもなかなか結果が出ない受験生の参考になるかもしれないと思い、恥を忍んで私の不合格要因を挙げてみます。

不合格要因(1)
「短期で簡単に受かるはずという慢心」

たまたま初受験で択一に通ったことで「司法試験って簡単じゃん。来年は確実に受かるな」と、 無意識のうちにこの試験をなめてしまいました。その結果、翌年から7年連続で択一に落ち続けました...orz

合格を「山の頂上」に見立て、コツコツと登って行けばいずれ必ず頂上にたどりつく、と考えている人もいるかもしれませんが、これは「慢心」です。
私の長い不合格体験に基づくイメージでは、「合格」という目標物は、ある場所に常に不動ではなく、時間とともに不特定の方向へどんどん遠ざかっていくものです。ですから、遠ざかる速度より速く、方向をきちんと見定めながら常に全力で追い掛けないとつかみ取れません(うまい例えが見つからず、分かりにくくてすいません)。

不合格要因(2)
「暗記をおろそかにした」

暗記の勉強は苦痛なので、できるだけ避けたいと思っていたところ、「定義などは勉強しているうちに自然に覚えた」という、ある合格体験談の「誘惑」に引きずられ、積極的に暗記に取り組みませんでした。その結果、せっかく択一が通るようになったのに論文の壁をなかなか突破できませんでした。

ちなみ論文試験にとっての暗記は、勉強の「理解」に不可欠だから大事なのではありません。試験本番で、答案に必須のフレーズを思い起こす時間を節約すると同時に、限られた思考力を記憶の喚起にではなく、できるだけ問題分析と答案構成に振り向けるために重要なのです。ですから司法試験の論文対策として「暗記」という場合、「現場で思い出そうとすればできる」レベルをいうのではなく、「書こうと思った瞬間に手が勝手に動いて答案に正確に再現できる」レベルをいう、と私は思っています。

不合格要因(3)
「苦手に向き合わなかった」

苦手だったパズル択一刑法に正面から向き合わず、憲法と民法で高得点をとって合格しようとした作戦がことごとく失敗しました。
結局、「パズル刑法を克服せずして合格なし」と気付くまでに7年も要しました...orz

不合格要因(4)
「現役社会人なので勉強時間がとれないから不合格もやむを得ない、という言い訳を用意していた」

ちょっと精神論ぽいですが、こういう意識が勉強時間の捻出努力の怠慢につながったことは否定できません。

面識のあった人が繁忙な仕事を続けながら短期で受かったことを知ってようやく目が覚めました。
それからは「社会人」という身分を、結果がかんばしくない言い訳には絶対にしない、と心に誓いました。

不合格要因(5)
「受験仲間がいなかった」

長い間、現役受験生とリアルに話すことが皆無で、 一人で引きこもって勉強していたため、 自分の勉強の方向性や理解が間違っていないかどうかを確認してもらう機会がありませんでした。もし仲間がいたら前記4つの不合格要因にもっと早く気付いたはず。そう考えると、最も除去すべき必要性が高いのは、この要因(5)だといえそうです。

以上の不合格要因は、私のような凡人特有の問題で、天才秀才タイプと呼ばれる方には当てはまらない可能性が高いことを、最後にお断りしておきます。

受験生の皆さんのご健闘をお祈り申し上げます。

« 朝日の論調に変化の兆しなし | トップページ | 「合格3千人」撤回了承 司法試験の目標設けず(共同通信) »

司法試験」カテゴリの記事

コメント

(5)はちょっと違うかなと。
長年司法試験の勉強を続けながら合格できない「ベテラン受験生」は,要するに何か重大な勘違いをしているから試験にも合格できないわけで,下手に受験仲間を作ると間違いが感染するおそれがあり,予備校でも注意を呼び掛けられていました。
私の受験生時代(約2年半)には,学生としての友達はいましたが,ゼミも司法試験とは関係ないものばかり取って,受験生仲間は意図的に作らないようにしていました。アドバイスを聞くなら,少なくとも受験生ではなく合格者の意見を聴くべきです。

>黒猫先生 
コメントありがとうございます。
なるほど、誤りが伝染してしまう恐れですか。受験仲間がおらず、予備校とも事務的なことしか接点がなかった私には気付かない点でした。
グループの中に学習が進んだリーダー的な人がいるとまた違うのかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576385/57115780

この記事へのトラックバック一覧です: 司法試験の不合格要因:

« 朝日の論調に変化の兆しなし | トップページ | 「合格3千人」撤回了承 司法試験の目標設けず(共同通信) »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ