« 【速報】司法試験短答式、予備試験組の合格率100% | トップページ | 現政権下で司法改革の見直しが期待できるか »

2013年6月 6日 (木)

パブコメの詳細な公表と取りまとめへの反映をあらためて求める

今日(6日)夕方に開かれた第14回法曹養成制度検討会議でパブリック・コメントの詳細が公表されるのかどうか注視していましたが、「法曹養成制度検討会議・中間的取りまとめ」に対して寄せられた意見の概要」という、文字通り概要だけの資料が提出されただけでした。司法修習生に対する経済的支援の部分を見た限りでは、前回会議の「事務局提出資料」に記された内容とまったく変わっていませんでした。

こうしたパブコメの取りまとめ方に関しては和田委員が苦言を呈し改善を求めていますが、まったくその通りだと思います。
http://www.moj.go.jp/content/000111521.pdf

その上で私が思うことを言わせてもらいます。

和田委員は上記意見の中で「これを短期間の間に作成した事務局の大変な労力はもちろん多とする」と一応、事務方を気遣っておられますが、もし法務省が今回の概要だけで公表を済まそうとするならば、他省庁の仕事に比べて怠慢も甚だしいと思います。

昨日のエントリーで原子力災害対策指針の改定原案に対し、3,155件のパブコメが寄せられたことを伝えました。
原子力規制庁は、この3,155件のパブコメすべてについて逐一、HPに公表しています。
http://www.nsr.go.jp/committee/kisei/h24fy/data/0031_15.pdf

原文そのままではなく内容を整理しているようですが、2月12日にパブコメを締め切り、それからわずか2週間後の2月27日には3,155件すべての意見を整理してHPにアップしています。事務方の労力は大変なものだったと思います。

法曹養成制度検討会議「中間的とりまとめ」に対するパブコメの数は、これよりもやや少ない3,119件。今日はパブコメ締め切りから3週間。原子力規制庁と比べてあまりに仕事がお粗末。というか国民をバカにした対応と言われても仕方がないでしょう。

法務省は和田委員の意見にしたがって詳細なパブコメをただちに公表し、検討会議は意見を最終取りまとめに反映させるよう求めます。

※追記(6/7)記事中のパブコメ件数に誤りがあったので修正しました。論旨に影響ありません。

« 【速報】司法試験短答式、予備試験組の合格率100% | トップページ | 現政権下で司法改革の見直しが期待できるか »

司法制度」カテゴリの記事

司法試験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576385/57538117

この記事へのトラックバック一覧です: パブコメの詳細な公表と取りまとめへの反映をあらためて求める:

« 【速報】司法試験短答式、予備試験組の合格率100% | トップページ | 現政権下で司法改革の見直しが期待できるか »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ