« “法科大学院教育の成果”の正体 | トップページ | 平成25年司法試験予備試験短答式試験の結果 »

2013年6月12日 (水)

パブコメを一部の概要しか公表しないのは“債務不履行”にも似た約束違反?

いまだに釈然としない、法務省のパブリック・コメントの取り扱い。

腹立ちまぎれと頭の体操を兼ねて、法務省の対応に“法的な問題”が生じないのか考えてみました。以下はあくまで素人の例え話です。

今回のパブコメは、行政手続法の規定に準じて実施された任意の行政手続のようですが、行政法を勉強したことのない私には、その法的性質がよく分かりません。そこでここでは勝手ながら、法務省の任意の意見募集に「法務省」と「意見提出者」を当事者とする私法関係が生じ得るという前提で考えてみます。

意見公募要領を素直に読むと、意見募集の目的は、検討会議の委員が最終取りまとめを決定するに際し国民の意見を参照するため
また「3 意見提出上の注意」の項では、
意見は「原則公表させていただき―」とあります。

これらの記述から今回のパブコメ募集は、「法務省」が寄せられた意見を、「意見提出者」に代わって検討会議の委員に伝え、公表することを約束して意見を募ったように見えます。

これを無理やり契約類型に例えてみると、
1・「法務省」が意見公募要領により、国民の意見を①検討会議の委員に伝達し②内容を原則公表する、という事務の受任について委託の申込を誘引。
2・「意見提出者」が自分の意見を送付し、それが「法務省」に到達することにより、意見を①委員が参照可能な程度に委員サイドに伝達すること②世間に公表すること―という自己の事務の委託を申込。
3・「法務省」が意見を受理することで「意見提出者」の事務を承諾。あるいは意見の受理により意思実現の契約成立。
というような流れで“無償の準委任契約”に似た関係が発生したと考えられなくもない。

そう考えると、寄せられた意見の一部だけ、ごくごく簡単な概要しか委員に伝達せず、公表もそれしかしないのは、“債務不履行”にも似た約束違反に当たるとも考えられるのではないか―。
あるいは意思表示を欠く“契約の一方的解除”とか―。

もう法律の勉強から何年も遠ざかっているし、実務家でもないので、トンチンカンな例え話をしているのであればスイマセン・・・
m(_ _)m

ただ、実際に読んでもらえるかどうかは別として、委員サイドに伝わると信じて、時間と労力を費やして意見文をしたため、それを法務省に託した私としては、約束を破られた気分です。

今後、最終取りまとめが原案通りに行われ閣議決定がなされたとしても、国会審議を経なければならないでしょう。
その際、貸与制をはじめとする現行の法曹養成制度に問題意識のある国会議員が、法務省への資料請求や質疑を通じてパブコメの詳細を明らかにしてくれることを期待します。
あと、パブコメの意見を反映させなかったことを問うため、佐々木座長の国会への参考人招致もぜひお願いします。

« “法科大学院教育の成果”の正体 | トップページ | 平成25年司法試験予備試験短答式試験の結果 »

司法制度」カテゴリの記事

コメント

>行政手続法の規定に準じて実施された任意の行政手続

今回のパブリック・コメント募集の法的性質について細かいことは知りませんが、行政手続法の規定に準じているとするならば、行政手続法38条以下の「意見公募手続」に準じていると思われます。
この「意見公募手続」は、「命令等」を定める際の手続きですが、「命令等」は2条8号で定義されているものをいうので、パブリック・コメントはこれらに含まれず、準じる手続きにあたるのでしょう。

意見公募手続に沿って考えると、43条1項3号により提出意見をそのまま公示しなければならないのが原則です。
ただし、同条2項で、提出意見を整理・要約したものでも足りるとしているので、法務省側は今回のような措置で問題ないと思っているのでしょう。

ただ、法務省の今回の横暴は、あくまで原文の公示を原則とする法の趣旨に反していると思うので、法的に争う余地は十分にあると思いますが、準じる手続きにすぎない点がネックかも
個人的には、本気で現役の法曹の方々が行政訴訟を起こしてくれないかと思っています。

「準じる」と言われてしまってはどうしようもありません。
ここは,90万円かけて,3119通のパブコメ全件について開示請求するしかなさそうですね。
そして,開示されたものをどこかで一度に公開して,パブコメを考慮したものかどうか,国民の判断を仰ぐしかないと思います。

http://www.veritas-law.jp/newsdetail.cgi?code=20130606135958

武本弁護士も相当不満がありそうなので,武本弁護士が開示請求してくれたらいいのですが。

情報公開以外で意見の開示に期待できるのは、やはり国会議員ではないかと思います。
ビギナーズネットのブログによると、かなり多くの議員が給費制を支持しているようですから、この際、超党派の議員連盟をつくって組織的に活動してほしいと思います。
http://beginners-net.jugem.jp/?eid=548

>ここは,90万円かけて,3119通のパブコメ全件について開示請求するしかなさそうですね

アベノミクス(株高)で儲けた人が費用を協力してくれればいいんですが・・・(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576385/57576425

この記事へのトラックバック一覧です: パブコメを一部の概要しか公表しないのは“債務不履行”にも似た約束違反?:

« “法科大学院教育の成果”の正体 | トップページ | 平成25年司法試験予備試験短答式試験の結果 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ