« もうすぐ予備試験論文試験 | トップページ | 法曹養成制度検討会議第14回会議議事録 »

2013年7月10日 (水)

受験時代から司法試験ブログを読むべきだった・・orz

私が司法試験関連のブログなどを積極的に見始めたのは、一昨年の秋くらいからです。
受験時代には一時期、見ていましたが、ネット情報に振り回されやすい性格で受験勉強に弊害があったので、最後の論文試験終了前の4年ほどは意識的にネットブログや2ちゃんなどを見ないようにしていました。

今日は朝から、いつも愛読し、勉強させていただいているSchulze BLOGさんの過去のエントリーを超駆け足ながら読ませていただいたところ、ご自身の合格までの体験のほか、旧司受験生へのエール、アドバイスなど珠玉の言葉が盛りだくさんにつづられていて愕然としました。もし受験時代にSchulze先生のブログを読んで感銘し、激励されていたらもっと早く合格できたかもしれません。受験時代に司法試験関連のブログのロムを断っていたことを大いに悔やみました。

また、Schulze先生のエントリーの中で紹介されている他のブロガーのエントリーにも感銘を受けました。
「論文終わったぜ!!!!!!!!」(ぷーさんの元受験日記 旧司法試験最強の法則)
http://highway-star.cocolog-nifty.com/pooh/2007/07/post_3648.html

論文試験に臨む熱意、真剣さに心を打たれます。
私も、過去になく真剣に取り組んだ最後の2010年には択一終了後に涙が止まらず、刑訴の論文試験後は放心状態でしばらく席を立つことができませんでしたから、当時の筆者の体験や心情を、そのまま自分に置き換えることができました。この記事を私が2007年当時に読んでいれば、2008年、2009年の論文試験を2010年のような集中力で臨み、合格できたかもしれないと思い、またまた大いに悔やみました。

ところで話は変わりますが、前のエントリーで私なりの論文試験の心得として“試験終了時に立ち上がる余力もないくらいに全力を尽くすべき”と書きましたが、これは2010年論文試験の直前に辰巳が行った無料講座で片山木歩講師がアドバイスしていたことです(当時、私は地方在住だったのでMD実費負担で音声のみの聴講でした)。
私はその年で司法試験受験を最後にするつもりだったので、絶対に悔いを残さないために、片山講師の言う通り、各科目の試験終了時に立ち上がれなくなるほど集中して真剣に取り組もうと誓い、本番で実践しました。結果として合格できたのは、この集中力のおかげだと思っていて、片山講師には今でもとても感謝しています。

こんなふうに朝からSchulze先生の過去記事に目を通し、自分の司法試験受験体験と片山講師の話を思い起こしながら、「ぷーさんの元受験日記」ホームの他サイトのリンクをたどってみると・・・

ああ、やっぱり受験当時に司法試験ブログを読んでおくべきでした・・orz

今日はずっとPCの前に座っているだけですが、人や情報とのつながりがいかに大事かを学ぶ一日となりました。

« もうすぐ予備試験論文試験 | トップページ | 法曹養成制度検討会議第14回会議議事録 »

司法試験」カテゴリの記事

コメント

ご紹介いただき光栄ではありますが、ちょっと大げさな感じがしますヨ(^^ゞ
あの当時は今と違って受験生ブログはたくさんありましたし、それぞれが面白かったですね。他の受験生からパワーもらうことも多かったですし。特にぷーさん(こと片山さん)のブログには僕は非常に大きなエネルギーをもらって、今でも彼には感謝しています。まさか僕のほうが先に受かってしまうとは思わなかったけど(汗)、僕が修習を1年遅らせたことで彼と同期になれましたし、和光でも色々とお話をさせてもらいました。ぷーさんが辰巳で講師をやられたのは、僕も話を聞きに行きたかったぐらいです。僕が最終合格した翌年(平成19年)、受験生ブロガーで合格可能性が高い人として、僕は司法試験ジャンキーさんというブロガーをドラフト1位に挙げ、ぷーさんは2位にしました。和光の研修所で「自分はお前からジャンキーさんより下にされた」と気色ばまれてしまったのが申し訳なかった。ジャンキーさんは結局合格できず、いま何をされているのやら…。2ちゃんねるも、当時のほうが絶対に面白かったですよ。科目別の問題検討スレとか、延々議論が終わらず、それがまた勉強になる。みんな必死だったんです。今の新試験はそこまで必死にやらなくても合格できてしまいますからね。予備試験の受験生にそういう熱さが残っているといいなぁと思います。

>schulze先生
いやいや、いま読んでも「俺も頑張ろう」と思わせる力があります(^^)。ぷーさん(こと片山先生)のエントリーと併せて読めば当時、惰性のような受験勉強をしていた私がもっと早く心を入れ替えることがきでたかもしれないと本当に思いました。
2ちゃんは、私が毎年、択一の自己採で微妙な点しかとれなかったせいでいい思い出がないのです。不安をまぎらすためボーダー付近得点のスレと疑義問スレにロム専で常駐。結局、発表までの3週間、勉強が手に付かず、せっかくギリギリ通過したのに準備不足で論文で玉砕。ということがあってから「2ちゃん断ち」をしました。択一の自己採もやめちゃいました。今思えばネットの情報をきちんと整理して、時に楽しみながら有効活用することができたら良かったなあ、と後悔しています。
当時の活気を予備試験が引き継いでいればいいなあ、と私も思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576385/57763421

この記事へのトラックバック一覧です: 受験時代から司法試験ブログを読むべきだった・・orz:

« もうすぐ予備試験論文試験 | トップページ | 法曹養成制度検討会議第14回会議議事録 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ