« 東大文一生の「法学部離れ」進む | トップページ | パブコメ情報公開の意味 »

2013年7月29日 (月)

法務省がパブコメ全文公開へ

「法曹養成制度検討会議・中間的取りまとめ」に関するパブリック・コメントの全文について情報公開請求していたところ、法務省の担当課から、全文をホームページで公開することになった旨の連絡を受けました。
連絡によると、現時点の予定では、ウェブ上の公開時期は早ければ10月末。ただ作業の進捗具合によっては遅れる可能性あり。形式は表形式にまとめたもので、平山参院議員がHPで公開している経済的支援関連のものと同一。開示する意見内容は要旨ではなく、原則として原文のママ掲載する、とのことです。
一方、紙の文書での開示は全部で5千ページを超え、開示実施手数料として5万円以上かかるとのこと。内容は10月末以降に公開予定の資料とまったく同一のものと考えてよい、ということでした。

法務省は法曹養成制度検討会議第15回でパブコメの全文開示は、委員の閲覧要請と情報公開請求のみ応じるとして、ウェブサイト上では公開するつもりはないと受けとられる方針を示していました。しかし、私以外にも開示請求が複数あったもようで、「関心が高い」ことを重くみて方針転換したとみられます。
本来、初めから公開すべきものですが、公開方針への転換を素直に歓迎するとともに、膨大な文書の開示に向けたとりまとめ作業に当たる事務方の労を心からねぎらいたいと思います。

最終取りまとめと、それを受けた政府の方針決定が既になされた今となっては時機を逸した感はありますが、この法務省の方針転換も、多くの個人や組織の意見表明や行動の成果ではないかと思います。

« 東大文一生の「法学部離れ」進む | トップページ | パブコメ情報公開の意味 »

司法制度」カテゴリの記事

コメント

感動しました。
個人の行動力が法務省も動かす。

ブログのコメントでしか応援できませんが、頑張ってください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576385/57889359

この記事へのトラックバック一覧です: 法務省がパブコメ全文公開へ:

« 東大文一生の「法学部離れ」進む | トップページ | パブコメ情報公開の意味 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ