« 合理的な予備試験合格者数は? | トップページ | 悪魔の現代用語基礎知識(週刊新潮) »

2013年8月27日 (火)

“効いてる”なあ、予備試験

早稲田大学の鎌田総長が韓国メディアの取材に対し予備試験について“失敗した”と語ったことが伝えられています。
http://japanese.joins.com/article/282/175282.html

「失敗」の意味は、法科大学院制度の維持・存続の妨げになっている、ということのようです。

予備試験“効いてる”なあ、と思います。

法科大学院制度は、たとえ法的に廃止されないとしても、行く人がほとんどいなくなることにより、いずれ事実上崩壊すると思います。
このロー進学者減少の要因の一つに、法曹志願者が予備試験に流れていることが挙げられます(だからこそ鎌田氏ら法科大学院関係者が予備を目の敵にしている)。
そのためロー制度の崩壊プロセスを早め、最終的に引導を渡すのは予備試験ではないかと、かねがね考えています。

もちろん、ローにかかる費用と時間を高コストと思わない方はローに行けばいいと思います。
そうは思わずに法曹を目指そうとする方は、予備試験ルートをお勧めします。
ただ、予備試験→司法試験と難関試験を二度パスしなければならない「いばらの道」であることの覚悟は必要です。また、予備校の利用は必須なので一定のコストはかかります。

一方、ロー進学者減少のもう一つの要因として挙げられるのは、そもそも法曹を志願する人が減っていることです。たとえロー制度が事実上崩壊し、予備試験が主流になったとしても、法曹志願者が戻ってこなければ司法界全体が弱体化し、ひいては国民に不利益をもたらすことが懸念されます。
法科大学院がなくなるだけでは問題の解決にはならず、あるべき法曹人口や司法修習の充実策も併せて考えなければならないと思います。

※参考ブログ(Schulze BLOG)
早大・鎌田総長「韓国の法科大学院、日本の前轍踏まないように」(中央日報日本語版)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52035112.html

以下は予備試験合格を目指している方へのご案内です。

社会人予備受験生の情報交換と交流の場として、mixiのコミュニティを個人的に2年前から運営しています。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5837638
別の姉妹コミュニティでメンバーによるネット上の「論文ゼミ」もやっています。
社会人以外でも真剣に予備試験に挑んでいる方の参加を歓迎します。
興味のある方は、一度、覗いてみてください。
(いまどきmixiで申し訳ありませんが、特定の共通テーマについて比較的長文でじっくりと情報や意見を交換する場としては、いまだに有用性が認められるように思います)

« 合理的な予備試験合格者数は? | トップページ | 悪魔の現代用語基礎知識(週刊新潮) »

司法制度」カテゴリの記事

司法試験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576385/58076116

この記事へのトラックバック一覧です: “効いてる”なあ、予備試験:

« 合理的な予備試験合格者数は? | トップページ | 悪魔の現代用語基礎知識(週刊新潮) »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ