« パブコメの集計結果判明、給費制復活意見は9割超 | トップページ | 法科大学院がこの先生きのこるには »

2013年9月 4日 (水)

現行法科大学院制度に反対が80%―パブコメ集計

情報公開請求で開示された法務省のパブリックコメント集計結果(速報値)について【経済的支援】以外の3項目の文書も載せておきます。

【プロセスとしての法曹養成】

「housouyousei.pdf」をダウンロード

・法科大学院廃止(233通)
・法科大学院修了の受験資格要件を廃止(250通)
・上記2意見の双方またはいずれか(20通)
・「中間的取りまとめ」に反対(3通)
以上の4つの意見をまとめて「(ロー修了を半強制する)現行法科大学院制度に反対の意見」と捉えて差し支えないと思いますが、その割合は80.45%
一方「中間的取りまとめ」に賛成する意見は10.81%しかありません。

それでも最終取りまとめの結論は、中間的とりまとめと変わらず「法科大学院を中核とする『プロセス』としての法曹養成の理念を堅持」でした。

【法曹人口の在り方】

「housoujinkou.pdf」をダウンロード

3000人目標を撤回した上で「1500人~50人~合格者の減少を求める」とした意見が計602通で62.45%(文書の表では「62.45%」の範囲を示す縦太線が「合格者減少を求める」の意見の部分まで及んでいませんが、この意見を含めた割合が「62.45%」のようです)。最も多かったのは「500人」の213通で、22.10%
一方、3000人目標を撤回した上で数値目標なし、とする中間的とりまとめに賛成するのは17通の1.76%にすぎません。

それでも最終取りまとめの結論は、中間的とりまとめどおりの“3000人目標を撤回した上で数値目標なし”でした。

【受験回数制限】

「jukenkaisuu.pdf」をダウンロード

最多の意見は受験回数制限の(全面)撤廃で69.53%

最終取りまとめの結論は「5年以内に5回」に緩和です。集計結果の意見分類では「何らかの緩和」を含めた計4意見に対応すると思われますが、この4意見は計57通で、全体の16.86%となります。

結局、開示された4項目いずれも、最終取りまとめで多数意見が無視された結果となりました。

« パブコメの集計結果判明、給費制復活意見は9割超 | トップページ | 法科大学院がこの先生きのこるには »

司法制度」カテゴリの記事

司法試験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576385/58123569

この記事へのトラックバック一覧です: 現行法科大学院制度に反対が80%―パブコメ集計:

« パブコメの集計結果判明、給費制復活意見は9割超 | トップページ | 法科大学院がこの先生きのこるには »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ