« “効いてる”なあ、予備試験 | トップページ | 司法試験予備試験に関する意見交換会 »

2013年9月 1日 (日)

悪魔の現代用語基礎知識(週刊新潮)

週刊東洋経済8月31日号の記事「『士業』崩壊―食えなくなった弁護士 会計士 税理士」が各所で話題になっていますが、同じ週に発行された週刊新潮(8月29日号)にこういうタイトルの企画がありました。

「悪魔の現代用語基礎知識」

現代を象徴する様々なキーワードを皮肉たっぷりにおもしろおかしく紹介した企画です。アンサイクロペディアに近いコンセプトです。その「悪魔の現代用語基礎知識」の中に「法科大学院」の項があります。どう書かれているかというと

 アメリカのロースクールをモデルにした半端者養成所。司法試験崩れを防ぐはずだったが、ハイスクールから遊び放題の大学を経てロースクールへと、教育内容が次第に劣化するため、路頭に迷う者が増殖することになった。

記述内容は皮肉を込めた「小ネタ」で特に論評することありませんが、私が注目したいのは、経済誌など専門誌にとどまらず、総合週刊誌も法科大学院を批判や揶揄の対象として扱い出した、ということです。新聞を中心とする大マスコミだけが法科大学院を根本から批判することができない。どんな利害があるのか知りませんが―。

これからは「新潮」や「文春」の司法制度改革関連のスクープに期待します。

« “効いてる”なあ、予備試験 | トップページ | 司法試験予備試験に関する意見交換会 »

司法制度」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576385/58109189

この記事へのトラックバック一覧です: 悪魔の現代用語基礎知識(週刊新潮):

» 身体がつくる限界 [哲学はなぜ間違うのか?]
それとも、生死、善悪、愛憎、幸不幸、自分の運命や人類の未来を知ることが限界なのか [続きを読む]

« “効いてる”なあ、予備試験 | トップページ | 司法試験予備試験に関する意見交換会 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ