« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

予備試験合格者抑制の拠り所

 法科大学院擁護の立場から疎ましがられている予備試験をしぼませる方法として、受験制限と合格者数抑制が挙げられると思います。いわば「入口」と「出口」をそれぞれ狭めてしまおうという考えです。
 「入口」を狭めるには制度変更が必須ですが、「出口」の方は現行制度の中で司法試験委員会の「さじ加減」で狭めることが事実上可能です。過度の抑制は不当のみならず違法の疑いを生じかねない、というのが私見ですが、疑いを回避しつつ合格者数を抑制する拠り所を探ってみました。

 まず考えられるのは、司法試験でのロー組と予備組の合格率均衡を要請する閣議決定
関連部分を抜粋すると

本試験において公平な競争となるようにするため、予備試験合格者数について、事後的には、資格試験としての予備試験のあるべき運用にも配意しながら、予備試験合格者に占める本試験合格者の割合と法科大学院修了者に占める本試験合格者の割合とを均衡させるとともに、予備試験合格者数が絞られることで実質的に予備試験受験者が法科大学院を修了する者と比べて、本試験受験の機会において不利に扱われることのないようにする等の総合的考慮を行う。

とあり、「資格試験としての予備試験のあるべき運用にも配意しながら」という考慮要素が盛り込まれています。この考慮要素を拠り所に予備合格者数を抑制することが考えられます。
 しかし、このフレーズは抑制の根拠としてはあいまいすぎるきらいがあります。「あるべき運用」とは「経済的困窮者に法曹への道を開く運用」と考えられますが、個々の受験者の資力調査がほぼ不可能である以上、現状が「あるべき運用」になっているかどうかの検証が難しいと思います。
 したがって、この考慮要素を予備試験合格者数抑制の拠り所とするのは困難と思います。

 一方、前のエントリーに挙げた司法試験委員会の「予備試験の実施方針について」の中に、合否判定に際して「法科大学院を中核とする新たな法曹養成制度の理念を損ねることのないようにする必要がある。」という記述があります。これは先の閣議決定よりもはっきりとしたストレートな言い回しです。“法科大学院制度が本道でなくなるような予備合格者増はしない”と予め宣言しているようにも読めます。

 ただ、司法試験委員会自身が定めたこの実施方針にどんな規範的意味があるのか、運用指針として先の閣議決定とどちらが優先するのかは定かでありません。
 そもそも法科大学院を中核とする法曹養成制度の理念を堅持することが、司法試験委員会の役割に含まれるのか(司法試験法12条2項各号の「所管事務」に含まれるのか)どうかも議論のあるところだと思います。

 それでも気になる一節ではあります。

※参考
「経済的な事情」で括る「予備試験」制限の無理(元「法律新聞」編集長の弁護士観察日記)
http://kounomaki.blog84.fc2.com/blog-entry-748.html

2013年10月30日 (水)

神宮の両翼3・5メートル短かった

耐震工事を実施=神宮球場(時事通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131029-00000155-jij-spo

 明治神宮外苑は29日、神宮球場(東京都新宿区)の耐震補強工事を11月から実施すると発表した。工事はオフシーズンごとに行われ、2016年3月に完了の予定。外装のリニューアル、ネット裏席の一部を覆う大屋根の改修も行う。
 また、
これまで101メートルとしていたグラウンド両翼を97.5メートルに訂正した。今回の工事に伴い再確認したところ、明らかになったという。

※神宮球場 両翼が3.5m短かった(NHK)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131029/t10015659051000.html

ああやっぱり。Kスタ宮城より短い気がしてたんですよね。
本当に今、明らかになったんでしょうか。
前々からおかしいという指摘があったようですし。
たしかに中堅、両翼フェンスに距離表示がないのが、怪しいとは思っていたのですが。
神宮はスピードガン表示の“水増し疑惑”もありますし、
データ表示はきちんとしてほしいところです。

※参考
野球場の広さ(拙稿)

http://ittyouryoukai.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-af93.html
ダルビッシュ「神宮のスピードガンがアマ選手をダメにする」
http://blog.livedoor.jp/yakiusoku/archives/53888201.html

2013年10月29日 (火)

【番外編】合理的な予備試験合格者数は?

以前のエントリーのコメント欄に最近寄せられた問題提起を機に、予備試験答案のレベルと合格最低点の関係について私見を記します。
※長文注意

たしかに試験委員の「採点における目安」として「優秀」「良好」「一応の水準」「不良」という区分がありますが、これらの区分が「予備試験合格ライン決定における目安」としても妥当するかは疑問です。

司法試験は将来の法曹を選抜する試験ですから、ある程度の学力の保証がないといけません。それゆえ「不良」答案は絶対に合格させない、という判断にも合理性があります。短答、論文の最低ラインが定められているのは学力の最低保証を図る趣旨だと思います。

でも、予備試験はあくまでロー修了者と同等の学力・能力があるかを見るだけです。法曹としての学力・能力の有無はその後の司法試験でフィルタリングすれば足ります。それゆえ司法試験とは異なり、学力の最低保障を図るための最低ラインが現時点では設けられていないのだと思います(今後、変更があり得ます)。仮にロー修了者の予備試験受験生から「不良」答案が続出したとしたら「不良」レベルの予備合格者を出しても何らおかしくないはずです。
司法試験委員会または考査委員会議がロー修了者の学力・能力との比較を抜きに「不良レベルだから合格させない」と判断したら、それは予備受験者が本試験受験機会の点で不利益を受けないよう合格率均衡を要請する閣議決定の趣旨に反することになると私は思います。

もっとも、そうはならない別の解釈の余地があります。司法試験法5条1項における「同等の学識及びその応用能力」の比較対象を「現に存在する具体的なロー修了者」ではなく「司法試験委員会が想定または理想とする抽象的な、あるべきロー修了者」と解することです。前者は司法試験を目指す受験者層の中での相対評価(実在するロー修了者と比べて同等またはそれ以上の学力かを判断すればよい)、後者は絶対評価(現実のロー修了者の学力とは無関係に考査委員が想定する学力レベルの基準に達しているかどうかを判断する)と言い換えることもできると思います。
前者と解せば、ロー修了者と予備合格者の司法試験合格率が均衡するまで延々と予備試験合格者数を増やし続けるのが筋です。
一方、後者であれば司法試験(考査)委員が想定または理想とするレベルで予備合格ラインを切ることも可能です。
たとえば同様に受験資格を得るための試験である「高等学校卒業程度認定試験」(旧大検)は「高等学校を卒業した者と同等以上の学力があるかどうか」を判定する試験ですが、合格レベルは現実の高卒者との比較によるのではなく、絶対評価だと思われます。

しかし、予備試験合格者の2年連続の大幅増は、閣議決定に即して司法試験合格率不均衡を解消しようとしたものと考えられることから、司法試験委員会が絶対的基準を採用しているとは考えにくいと思います。
そもそも司法試験委員会自身が定めた「予備試験の実施方針について」の中に、答案の絶対的な出来不出来で合否判定する方針は盛り込まれていないので、「不良だから合格させない」とするのは考えにくいと私は思います。

以上、まとめますと、司法試験委員会が「不良」答案なら合格させないという理由から一定の点数に合格最低ラインを引くことは考えにくいと思います(最低ラインを引くとすれば別の理由による)。もし司法試験委員会がそのような判断をしたら、それが制度的に許されるかどうか疑念を禁じ得ない、というのが私の考えです(新たな閣議決定等が出れば話は別です)。

2013年10月11日 (金)

予備試験論文合格者381人

昨年の233人から約150人増。私の期待よりは少なく、来年の司法試験でロー修了組と予備組の合格率格差が劇的に縮まることはないと思います。
それでも数が大幅に増えたのはとりあえず良かったと思います。これもひとえに今年の司法試験で予備合格組が好成績を挙げたおかげでしょう。

合格されたみなさん、おめでとうございます。
口述対策に万全を期してください。

惜しくも残念な結果に終わった方。捲土重来を期す意思が固いのであれば、まず敗因分析をなさるべきと思います。答案再現は必須で、それを誰かに見てもらい、何がいけなかったか意見を乞うべきだと思います。のちに発表される出題趣旨を読んで「なんだ、あれを書けばよかったのか。あれならたまたま試験本番で思いつかなかっただけで知ってたよ。今の勉強方法に間違いはないな」で済ましているうちは、いつまでたっても合格できないと思います。これは自分の体験です。
他人の再現答案(評価付き)にもできる限り多くあたるべきです。そしてA答案と、自分やB以下の答案とどこが違うのかを分析するべきだと思います。

ペースはともかく予備合格者の増員傾向はしばらく続くと思います。希望への道は確実に広がっています。

2013年10月 9日 (水)

答案を電子ファイル化する効用

司法試験や予備試験の勉強で自作の答案を打ち込んで電子ファイル化するのは面倒な作業ですが、効用もあります。たとえば
1・携帯端末やPCに入れていつでもどこでも眺めることができる。
2・修訂正が手軽で、より望ましく進化した答案に容易にバージョンアップできる。
3・他人との共有が容易で、添削指導を受けたり意見を乞うのに便利。
など。

前提として答案を自分で書く勉強(答練)は必須です。
初見ではできれば答案用紙に自筆で書きます。本試験は自筆なので、判読可能な文字を時間に追われながら高速で大量に書く、という訓練も併せてしなければならないからです。
その後に解説などを見ながら自分にとっての「理想の答案」を自作します。ここで「理想の答案」とは予備校の「参考答案」ではありません。あの内容を現場で時間内に書けるわけがありませんし、中には基本部分と応用部分のバランスを失して必ずしも参考にならないものも時折散見されるからです。
「理想の答案」とは、自分が現場で時間内に書ける内容と分量で、こう書きたいと考えるもの。いわば“自分固有のお手本”です。
ただ、その理想のかたちは、自分の知識と理解と筆力の進度により日々進化していくはずです。その進化を“お手本”に反映させる時に電子ファイルは便宜なのです。

受験生時代、私はある単元やテーマで自分の誤解や理解不足、知識不足に気付いたら、その都度、その単元やテーマが出題された過去問や答練問題の自作答案(電子ファイル)を引っ張り出してより正しく望ましい記述に修訂正する、という勉強を繰り返していました。
昔はPCでないとテキストファイルやワード文書の修訂正はできませんでしたが、今は携帯端末でもできるのでより便利になったと思います。

2013年10月 5日 (土)

予備試験論文合格発表を前に

間もなく(10日)予備試験論文試験の合格発表です。

以前のエントリーで、司法試験法や閣議決定を基準に合理性が保てるギリギリの最終合格者数は518人だと書きました。これをクリアするためには論文合格者数は最低でも550人は必要かと思います。

ただ、上記の数字は決して私の「予想」ではありません。“最低でもこれくらい合格させなければ司法試験法や閣議決定に合致しないだろう”と私が個人的かつ形式的に考えた「試算」にすぎません。もちろん、それくらいかそれ以上に増えてほしいという「期待」はあります。でも私が不合理と考える人数を司法試験委員会が決定することは大いにあり得えます。したがって実際の合格者数が何人になるかは具体的には予想がつきません。確実に言えるのは去年の論文合格者数(233人)よりは増えるだろう、ということぐらいです。

9日(水)あたりに司法試験委員会の会議が開かれて論文合格者数を決めるのでしょうが、もし司法試験法や閣議決定に照らして過少と思われる場合は情報公開請求等を通じて決定の合理性を自分なりに調べたいと思います。

※参考ブログ
10月10日(木)予備試験論文合格発表(Schulze BLOG)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52041236.html

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ