« 予備試験合格者抑制の拠り所 | トップページ | 「経済的理由」「経済的事情」って何? »

2013年11月 1日 (金)

“エリート”云々を語れるうちが華

法曹養成 何のための予備試験か(中日新聞社説)
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2013110102000095.html

最終合格発表前にこういう論説が出るのもどうか思い、少しだけですが、触れます。

本来は社会人らを想定した予備試験が、現役学生の“特急コース”になっているのだ。放置すれば、大学院制度が空洞化する。

なぜ空洞化する“大学院制度”の方に問題があると考えないのでしょうか。

大学生が四十人、法科大学院生が三十四人にのぼることだ。合わせると、七十四人である。全員が経済的に困窮しているとは限らない。むしろ、法科大学院を経ないで、司法試験に合格する“特急コース”と化しているとみられている。

予備組の現役学生合格者の「全員が困窮しているとは限らない」と言うだけでは、“多くは経済的に困窮している”可能性をまったく排除していません。
なのに経済的事情の検証もないまま、なぜ「“特急コース化”している」とか、その後の記述の「本来の予備試験の趣旨どおりに運用されているとは言い難い」「『経済的事情』の約束事が空文化している」という断定につながるのか。論理が飛躍しています。

“エリート”の選別に予備試験が使われる現状は、新制度の逸脱ではないだろうか。

予備試験が制限されたらエリート候補者はそもそも司法試験なんか目指さなくなります。その結果、司法試験合格はもはやエリート云々を語られる資格ではなくなるでしょう。

もしかして、それが司法制度改革の本当の狙いなのかな。

※参考
予備試験受験制限の末路(拙稿)
http://ittyouryoukai.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-ed67.html

« 予備試験合格者抑制の拠り所 | トップページ | 「経済的理由」「経済的事情」って何? »

司法制度」カテゴリの記事

司法試験」カテゴリの記事

コメント

>もしかして、それが司法制度改革の本当の狙いなのかな。
早く気づいてください。当然です。マスコミ特に新聞社の方や司法試験に受からなかった学者方々と話してみれば分かりますよ。ねたみから始まったの改革ですから。

予備試験合格者351人中,大学在学中は107人(そのうちの多くは出願後にローに進学したと思われる),法科大学院在学中164人,法科大学院修了者は46人です。

法科大学院に行かずに予備試験に合格できる枠(社会人枠)は,34人です。
それでも,法科大学院生の予備試験受験制限に反対でしょうか?

今こそ,法科大学院の時代になりつつあるように思いますが,いかがでしょうか?

私が予備試験の受験資格制限に反対する主な理由は、司法試験は本来、誰でも、持てる時間や財産の差を問わず、平等に受験できるものでなければならない、と思うからです。社会人の法曹への途をいかに保持ないし広げるかは、また別の話です。
予備試験で社会人(有職者)が現に苦戦しているのは、旧司法試験に比べて科目数の負担が大幅に増え、勉強時間の確保の点で学生より大きなハンディのある者に不利な制度になっているからだと思います。
だから、現役学生の受験を制限して社会人の合格枠を広げるべし、という考えにも一理あると思いますが、そうして予備に合格した社会人が最終的に司法試験に合格しなければ意味がありません。
しかし、仮に受験制限をして社会人の予備合格者を増やしたら、結局、社会人予備合格者のレベルは下がり、それに伴って司法試験での合格率も低くなるだけだと思います。つまり、受験制限をして「(社会人枠)」なるものを増やしても、社会人の司法試験最終合格者(のちの法曹)を増やすことには必ずしも直結しないと思います。

予備試験の受験資格を制限したら、さらにいびつになって、わけがわからなくなって、人材が集まらなくなるだけでしょうね。
予備試験は法科大学院強制制度下におけるラストリゾートでしょう。

ただ、私は旧試組ではないので、ロー組に対抗する勢力としての予備試験組へのシンパシーもないのですけれど。

予備試験がどうというよりも、法科大学院強制制度が撤廃されて予備試験もなくなるのが国のためでしょう。現状をちゃんと捉えればその結論しかないんですよ。
そうはいっても、私は利己的で、みんなのために大きな声を上げるわけでもなく、自分の業務の改善に取り組んでるだけなのですが。。

>予備試験がどうというよりも、法科大学院強制制度が撤廃されて予備試験もなくなるのが国のためでしょう。現状をちゃんと捉えればその結論しかないんですよ。

まったくおっしゃる通りですが、国が肝いりで始めた新制度を短期間で自ら撤廃するのは考えにくいですし、世論や政治の圧力で撤廃させるのも困難。そこで誰でも受験できる予備試験が法曹養成ルートの本道となり、法科大学院ルートが例外となることにより、現行ロー強制制度が事実上撤廃される方向になるのがより現実的ではないかと思います。

ご返信ありがとうございます。

現状から地続きでつながっている解決策(うまいこともっていけば現実化しうるもの)としては、おっしゃるとおり、予備試験受験生・合格者の存在感が大きくなり、予備試験の受験制限がしにくいほどになることですね。

そういう意味では、予備試験出身者が弁護士になった後、積極的に発言してくれればと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576385/58494171

この記事へのトラックバック一覧です: “エリート”云々を語れるうちが華:

» 競争するエリート階級 [哲学はなぜ間違うのか?]
個人的な人生目的は仲間と共有するものではありません。例えば権力的地位、あるいは領 [続きを読む]

« 予備試験合格者抑制の拠り所 | トップページ | 「経済的理由」「経済的事情」って何? »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ