« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月13日 (木)

“難関国立大”法学部の出願状況

“難関国立大”として私が勝手に選んだ旧帝大・一橋、神戸両大の今年の法学部志願状況(前期)を調べてみました。
元のデータは河合塾ほかです。
http://kaisoku.kawai-juku.ac.jp/shutsugan/
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/24/02/__icsFiles/afieldfile/2012/02/17/1316502_1.pdf

志願者数は2014←2013←2012の順で表記。東大は文科一類。阪大は法学科。

      募集人員 志願者数      
東京    401  1226←1169←1592
一橋    155  464←518←537
北海道  140   340←267←318
東北    140   331←371←356
名古屋  105   248←281←300
大阪    145   261←335←358
京都     320   857←780←807
神戸   120   311←334←414
九州     159   293←390←400

赤字が昨年比減。黒字が昨年比増です。

このデータにはあらわれていませんが、去年、出願者数が第1段階選抜(足きり)予定倍率に達しなかった東大文一は今年、予定倍率に達したものの微増にとどまったため、足きりセンター最低点は375点。これは去年に続いて足きりが行われなかったも同然の低得点です(去年は203点)。
東大文一と受験者層が一部重なる一橋大も2年連続の減少で、しかも出願者が足きり予定倍率の3倍に満たず、足きりは行われなかったもようです(最低点は現時点で未発表)。
これらの状況と、都内の主要私大法学部の状況を考え合わせると、少なくとも首都圏の上位大学では法学部離れが定着したとの印象を受けます。優秀層が法学部を目指さなくなった懸念も拭えません。
東大、一橋は今年の反動で来年は増える可能性が高いとしても、どこまで回復できるか。

あと気になるのは東北大の落ち込み方。去年の増加の反動があったとはいえ、実数で一昨年を下回っています。東北大は東北地方で唯一法科大学院を持ち、東北の法曹志願者の受け皿的存在なので、大きな減り方は気掛かりです。

ただ、今年は全体的に「理高文低」の傾向が目立ち、文系学部のうち法学部だけが突出して減っているようには見えません。個人的には法曹の不人気が法学部離れの主な原因ではないかと思っていますが、それをデータから明確に読み取ることはできません。引き続き来年以降の動向を注視する必要があります。

2014年2月 7日 (金)

今年の法学部の出願状況

国公立大の二次試験の出願が5日に締め切られ、6日の朝刊に5日時点の出願状況が出ていました。
まだ、未確定ですが、法学部は一部を除きおおむね去年より減らしているようにみえます。ただ、今年は特に全体的に「理高文低」の傾向が顕著で、減少傾向は文系学部全般にみられます。

一方、確定した私大の出願状況をみると、中央の法律学科の減り方が顕著です。中央法といえば司法試験・法曹とは切っても切れない関係にあると思います。
また慶應は去年の司法試験で法科大学院が合格者数と合格率ともにトップに立ったものの、学部は人気回復どころか1割近く(9.3%)減らしています。
やはり法曹の不人気が法学部志願者の減少に相当影響していると推測せざるを得ません。

以下は早・慶・中央の法学部・法律学科の確定志願状況です。
※出願者数は「2014年2013年2012年」の順で表記

早稲田(法学部)
http://www.waseda.jp/nyusi/undergraduate/undergraduate_news/2014/02/2423/
一般      募集350 484749675232
センター利用 募集100 210922481949

慶應(法学部法律学科)
http://www.admissions.keio.ac.jp/exam/shigansha.html
           募集230 200922152308

中央(法学部法律学科)
http://www2.chuo-u.ac.jp/nyushi/nippou.html
統一(4教科)募集35   237256352
統一(3教科)募集30    820826969   
一般(4教科)募集60  120815361551
一般(3教科)募集270  300636573747
センター併用 募集45   146818971962
センター単独 募集80  244429322759

2014年2月 1日 (土)

ローの実績評価基準が分からない

2月1日午前現在、静岡大学法科大学院のトップページに画面右から左に向かってローの紹介画像が順次流れていきます。

その最初の画像(「01」という番号がふってある)ですが、そこには
「合格率14.89% 74校中全国37位」
とか
「過去5年間にわたり、2名、4名、6名、7名、7名と、合格者を着実に増加させています。」
と堂々と書いてあります。
掲載場所からして、誇らしい実績をアピールしたい、という意図が込められていると思いますが、このデータを見た人はその意図通りに評価するのでしょうか。

さらによく見ると、この数字はなぜか「平成24年度」までのデータで最新の25年度は含まれていません。
そこで25年度のデータを見ると、静岡大ローは合格者数1名、合格率3・45%で、順位も下から数えた方が早いレベルに転落しています。

それなのに「司法試験合格者の着実な増加」なんて文言を残したままでいいのかな。

私にはローの実績評価基準がよく分かりません。

※参考
ローの広告(Schulze BLOG)

http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52053430.html

給費制廃止違憲訴訟第1回口頭弁論@東京地裁

給費制廃止違憲訴訟のうち、東京地裁に提訴された訴訟の第1回口頭弁論が1月29日午後に行われました。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2014-01-30/2014013014_01_1.html

私は以前のエントリーで宣言した通り、本訴訟を応援しています。

29日も弁論の傍聴を予定していましたが、所用ができてしまい、かなわず残念でした。
次回は傍聴できればと思っています。

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ