« 給費制廃止違憲訴訟第1回口頭弁論@東京地裁 | トップページ | 今年の法学部の出願状況 »

2014年2月 1日 (土)

ローの実績評価基準が分からない

2月1日午前現在、静岡大学法科大学院のトップページに画面右から左に向かってローの紹介画像が順次流れていきます。

その最初の画像(「01」という番号がふってある)ですが、そこには
「合格率14.89% 74校中全国37位」
とか
「過去5年間にわたり、2名、4名、6名、7名、7名と、合格者を着実に増加させています。」
と堂々と書いてあります。
掲載場所からして、誇らしい実績をアピールしたい、という意図が込められていると思いますが、このデータを見た人はその意図通りに評価するのでしょうか。

さらによく見ると、この数字はなぜか「平成24年度」までのデータで最新の25年度は含まれていません。
そこで25年度のデータを見ると、静岡大ローは合格者数1名、合格率3・45%で、順位も下から数えた方が早いレベルに転落しています。

それなのに「司法試験合格者の着実な増加」なんて文言を残したままでいいのかな。

私にはローの実績評価基準がよく分かりません。

※参考
ローの広告(Schulze BLOG)

http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52053430.html

« 給費制廃止違憲訴訟第1回口頭弁論@東京地裁 | トップページ | 今年の法学部の出願状況 »

司法制度」カテゴリの記事

司法試験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576385/59048626

この記事へのトラックバック一覧です: ローの実績評価基準が分からない:

« 給費制廃止違憲訴訟第1回口頭弁論@東京地裁 | トップページ | 今年の法学部の出願状況 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ