« ローの実績評価基準が分からない | トップページ | “難関国立大”法学部の出願状況 »

2014年2月 7日 (金)

今年の法学部の出願状況

国公立大の二次試験の出願が5日に締め切られ、6日の朝刊に5日時点の出願状況が出ていました。
まだ、未確定ですが、法学部は一部を除きおおむね去年より減らしているようにみえます。ただ、今年は特に全体的に「理高文低」の傾向が顕著で、減少傾向は文系学部全般にみられます。

一方、確定した私大の出願状況をみると、中央の法律学科の減り方が顕著です。中央法といえば司法試験・法曹とは切っても切れない関係にあると思います。
また慶應は去年の司法試験で法科大学院が合格者数と合格率ともにトップに立ったものの、学部は人気回復どころか1割近く(9.3%)減らしています。
やはり法曹の不人気が法学部志願者の減少に相当影響していると推測せざるを得ません。

以下は早・慶・中央の法学部・法律学科の確定志願状況です。
※出願者数は「2014年2013年2012年」の順で表記

早稲田(法学部)
http://www.waseda.jp/nyusi/undergraduate/undergraduate_news/2014/02/2423/
一般      募集350 484749675232
センター利用 募集100 210922481949

慶應(法学部法律学科)
http://www.admissions.keio.ac.jp/exam/shigansha.html
           募集230 200922152308

中央(法学部法律学科)
http://www2.chuo-u.ac.jp/nyushi/nippou.html
統一(4教科)募集35   237256352
統一(3教科)募集30    820826969   
一般(4教科)募集60  120815361551
一般(3教科)募集270  300636573747
センター併用 募集45   146818971962
センター単独 募集80  244429322759

« ローの実績評価基準が分からない | トップページ | “難関国立大”法学部の出願状況 »

司法制度」カテゴリの記事

司法試験」カテゴリの記事

コメント

まあ受験料収入が減ったことで、良しとしますか。
願わくば募集店員も割って欲しいですけどね。
めざせ出願者全員合格
法科大学院はもうすぐその状況
司法試験ももうすぐその状況

名前さえ書ければ合格できる司法試験
胸が熱くなります。

定員の間違いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576385/59087149

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の法学部の出願状況:

« ローの実績評価基準が分からない | トップページ | “難関国立大”法学部の出願状況 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ