« “優秀層は法科大学院に行かない”by法科大学院(追記あり) | トップページ | 予備試験と高等学校卒業程度認定試験(高認) »

2014年3月12日 (水)

平成25年司法試験民事系科目第3問に数々の疑問

法曹養成制度検討会議で司法制度改革の問題点を鋭く指摘した和田吉弘先生が、平成25年司法試験民事系科目の出題の適切さに疑問を呈しておられます。辰巳の「ハイローヤー2014年4月号」に和田先生が寄稿された記事が掲載されていますが、当該記事はネット上でも公開されているので読めます。

「平成25年司法試験民事系第3問(設問3・4)についての数々の疑問」
http://blog.livedoor.jp/accstatsumi/documents/201404_HL_report.pdf

要件事実をきちんと学んでいない私は、和田先生の熱のこもった本記事を的確に理解する知見を持ち合わせておりません(>_<)

そんな私にも、和田先生が受験生の立場を思いやって出題の適切さを真摯に問いただそうとする意気込みや使命感がひしひしと伝わります。現行法曹養成制度はプロセス(法科大学院教育)が脆弱なだけでなく、点による選抜機能も十分に果たされていない疑いも出てきました。司法試験実施当局は和田先生の疑問に何らかの形で回答すべきではないかと思います。

« “優秀層は法科大学院に行かない”by法科大学院(追記あり) | トップページ | 予備試験と高等学校卒業程度認定試験(高認) »

司法制度」カテゴリの記事

司法試験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576385/59278616

この記事へのトラックバック一覧です: 平成25年司法試験民事系科目第3問に数々の疑問:

« “優秀層は法科大学院に行かない”by法科大学院(追記あり) | トップページ | 予備試験と高等学校卒業程度認定試験(高認) »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ