« いまだに法科大学院は成果を説明できない | トップページ | 法務官僚のまともな現状認識に驚き »

2014年5月28日 (水)

地方の実情を踏まえた法曹養成とは

【法曹の養成】地方の実情踏まえ議論を(高知新聞)
http://www.kochinews.co.jp/?&nwSrl=320563&nwIW=1&nwVt=knd

「地方では法的な手助けが必要な人が少なくない。市民の安心を守る存在として、地域の弁護士への期待は大きい」という地方の実情があるとして、それを踏まえた法曹養成に最適の方法は、司法試験受験資格の法科大学院修了要件をただちに撤廃することです。
地方ローが軒並み募集停止に追い込まれる現状では、地方の法曹志願者にって法科大学院修了というハードルはますます高くなっています。このハードルを一刻も早く撤廃し、地方の法曹志願者が自由に司法試験を目指せる制度に戻すことが「地域の弁護士を育てる」ことや「多様な法律家を育てるという司法制度改革の理念」に結び付くと思います。

« いまだに法科大学院は成果を説明できない | トップページ | 法務官僚のまともな現状認識に驚き »

司法制度」カテゴリの記事

司法試験」カテゴリの記事

コメント

法科大学院の地方への適正配置とかおかしなことを言い出すからこんなことになってしまったように思います。
地方で、法科大学院というインフラを無理やり維持しようとしたら、まったくお話にならないものができてしまい、誰も見向きもしないものに仕上がってしまい、廃校に追い込まれてしまいましたとさ、てなものです。

>弁護士HARRIER先生
そうですね。中央政官とのしがらみが少ない地方紙こそ「法科大学制度自体が地方切り捨て策」と早く気付いて制度批判を展開してほしいです。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地方の実情を踏まえた法曹養成とは:

« いまだに法科大学院は成果を説明できない | トップページ | 法務官僚のまともな現状認識に驚き »

フォト
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ