« 映画の感想 「ザ・テノール 真実の物語」 | トップページ | 【予備試験】ローに通えない人の「枠」をロー生が奪っているのか »

2014年9月29日 (月)

朝日社説が言う「公平」な制度とは?

「弁護士は食えない? 元司法修習生が損害賠償請求」(Economic News)
http://economic.jp/?p=40664

現行法曹養成制度の問題点がいろんなネットメディアでとりあげられるようになりました。

記事の締めくくりの

金銭的な不安や負担が多いことから、それをカバーできる環境の人しか法曹界に入れないという声も上がっている。公平な判断を下す司法の場で、不公平がまかり通ろうとしている。

という指摘は、ほんこれ、としか言いようがありません。

公平」といえば、朝日新聞も9月12日付社説を

意欲ある人を逃さない。公平で先の見通しがきく制度を確立したい。

と締めくくり、法曹を目指す人たちの「公平」性の確立を訴えています。
ならば、予備試験受験を制限すべきでないという方向の主張になるのかと思いきや、その前段で社説は、法科大学院の充実が図られることを条件に「予備試験のあり方も検討するべきだろう。」とも述べ、予備試験制限の必要性を示唆しています。

この一見、ちぐはぐな主張を矛盾なく解釈しようとすれば、朝日のいう「公平」とは、原則としてすべての司法試験合格者が法科大学院を経由することで、「不公平」とは法科大学院を経由しない合格者が例外の許容性を超えて存在する状況を言うと思われます。

つまり、「法曹を目指す」という観点からの「公平」の意味が、
・Economic Newsでは“お金のある人もない人も等しく目指せること”を言い、現行ロー制度は「公平」の阻害要因
・朝日社説では“原則として全ての人が法科大学院を経由すること”を言い、予備試験が「公平」の阻害要因
というふうに異なるように思います。

この違いの原因は、司法制度改革の理念が正しいと信じ込んでいるかどうか、司法の行く末を本当に考えているかどうか、によると思います。

« 映画の感想 「ザ・テノール 真実の物語」 | トップページ | 【予備試験】ローに通えない人の「枠」をロー生が奪っているのか »

マスコミ」カテゴリの記事

司法制度」カテゴリの記事

司法試験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576385/60394350

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日社説が言う「公平」な制度とは?:

« 映画の感想 「ザ・テノール 真実の物語」 | トップページ | 【予備試験】ローに通えない人の「枠」をロー生が奪っているのか »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ