« 連敗脱出は来年に持ち越し | トップページ | 【速報】平成26年司法試験予備試験最終合格356人 »

2014年10月29日 (水)

今年の「司法試験界流行語大賞」に一票

【速報】司法試験界流行語大賞に超有力候補登場(schulze BLOG)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52096616.html

年末を控えて大賞有力候補が急浮上ですね。以下、私版のパロ。

「私は、初めて受験した平成X年度の旧司法試験論文試験にC評価(順位1501~2000番)で落ちた。そこで思ったのは『司法試験は学問ではない』ということだ。そこで、翌年度以降、十数年かけて試験勉強をし、合格した。もし、平成X年度当時の合格者数が近年とほぼ同じ水準の約2000人程度だったら、私は一度目で合格できただろう。そう考えると十数年の勉強時間はムダだと考えられないか?」

こんなこと、とても人前で真顔で言えません。あまりに恥ずかしい(>_<)
私は初回受験から十数年、司法研修所への入所を許される学力がないと判断されただけだと思っています。

私は今年の大賞として「3000時間はムダだと考えられないか?」に一票を投じます。

※参考
「『司法試験3000人合格を実現する国民大集会』は『司法試験撤廃を実現する国民大集会』の間違いやろ」(弁護士法人 向原・川上総合法律事務所/福岡の家電弁護士のブログ)
http://ameblo.jp/mukoyan-harrier-law/entry-11944978574.html

« 連敗脱出は来年に持ち越し | トップページ | 【速報】平成26年司法試験予備試験最終合格356人 »

司法制度」カテゴリの記事

司法試験」カテゴリの記事

コメント

最終合格の2年前から連続してA判定で落とされましたけどね。私

坂野弁護士

「私は、平成8年度の旧司法試験論文試験に544位で落ちた。合格者は768名で、制限枠合格点をはるかに上回っているのである。そこで思ったのは『司法試験は学問ではない』ということだ。そこで、翌年度以降試験勉強をし、合格した。もし、平成8年度当時の合格者数が成績順に決められていたら、私はもっと早くで合格できただろう。そう考えると勉強時間はムダだと考えられないか?」

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576385/60564582

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の「司法試験界流行語大賞」に一票:

« 連敗脱出は来年に持ち越し | トップページ | 【速報】平成26年司法試験予備試験最終合格356人 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ