« 「お金のない人が去って行ったら、有利になってラッキー」 | トップページ | 2015年度の主要私大の法学部志願状況 »

2015年1月28日 (水)

予備試験の出願締め切り間近

今年の予備試験の出願は間もなく1月30日(金)で締め切られます。
http://www.moj.go.jp/content/001129987.pdf
受験を予定されている方は締め切りに気をつけてください。

過去の出願者数の推移は以下の通りです(カッコ内は受験者数)。

平成23年  8,971人(6,477人)
平成24年  9,118人(7,183人)
平成25年 11,255人(9,224人)
平成26年 12,622人(10,347人)

このように年々、増え続けていますが、今年はどうでしょうか。

法科大学院生や、法曹志願の意思を既に固めている学部生の中では、予備試験に挑む価値はますます高まっていると思います。この点からは今年も増える可能性があります。

しかし、合格者数、合格率のあまりの少なさ、低さから、これから法曹を目指すかどうかを考えている方々は二の足を踏むかもしれません。

昨年の、わずか356人という合格者数は、受験生でない私でも心が折れそうになる数でした。ローには行けないけど、予備試験経由で法曹を目指そうと頑張っている方が現にいらっしゃる。実力的にもロー卒業程度を十分に備えている。のみならず既に司法試験合格レベルの力を持っている可能性もある。にもかかわらず司法試験を受験するチャンスすら与えられないなんて、あまりに理不尽です。それゆえ、本来、実力のある方や法律系以外のバックグラウンドを持つ方が、法曹への道を避ける傾向に拍車がかかるような気がするのです。
そういう傾向が出願者数に現れ、去年より減らすか、横ばい程度にとどまるのではないかと危惧します。
もっとも、仮に予備試験出願者数が頭打ちになったり減少に転じたところで法科大学院志願者が増えることはないでしょう。

« 「お金のない人が去って行ったら、有利になってラッキー」 | トップページ | 2015年度の主要私大の法学部志願状況 »

司法制度」カテゴリの記事

司法試験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576385/61049056

この記事へのトラックバック一覧です: 予備試験の出願締め切り間近:

« 「お金のない人が去って行ったら、有利になってラッキー」 | トップページ | 2015年度の主要私大の法学部志願状況 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ