« 今も心に響く和田委員意見書 | トップページ | 「中締め」に当たって1・私が現行法曹養成制度に反対している理由 »

2015年8月 2日 (日)

ここでいったん「中締め」にします

昨夜はschulzeさん呼びかけのオフ会に参加してきました。
和田吉弘先生をお招きして非常に楽しい時間をすごさせていただきました。先生とお会いするのは今回が二度目。現行法曹養成制度批判の鋭い舌鋒と、受験生の立場を第一に考える姿勢に変わりはなく、先生のご意見が反映されていない現状を口惜しく思いました。

ほかに参加していただいた弁護士の方々、若手法曹、修習生、司法試験結果待ちの受験生、予備試験受験生の皆さんも多様なバックグラウンドをお持ちの方々ばかりで大変刺激を受けました。昨夜のオフ会メンバーだけをみれば法曹養成の多様性は十分に実現できているといえるでしょう。

楽しく充実した昨夜のオフ会を経て、気持ちに一区切りつきました。

ちょっと前から考えていたことなんですが、いったんブログを休止します。理由は
・法曹養成の当面の政府方針が決まり、さらなる検討体制が設置されないことから制度の大きな転換が当面見込まれないこと
・これから私事が忙しくなってブログの継続、情報収集が難しくなること
です。

予備試験合格者数と給費制に関しては状況が好転する兆しが見えず、ここでブログを通じた言論活動を閉じるのは後ろ髪を引かれる思いですが、私と思いを同じくする情報発信はいったんschulzeさんにお任せしようと思います

ただ、司法修習生の貸与申請状況主要大法学部志願状況の経年変化はウオッチし続けるつもりで、集めたデータを単発的に公表します。mixiでの予備試験受験生支援はこれまで通り継続します。

最後に言い残しておきたかったことを綴ります。
4点について一気に書いたところ、あまりに長文になったので、エントリーを分けることにしました。
以下、別稿にてエントリーを続けます。

« 今も心に響く和田委員意見書 | トップページ | 「中締め」に当たって1・私が現行法曹養成制度に反対している理由 »

マスコミ」カテゴリの記事

司法制度」カテゴリの記事

司法試験」カテゴリの記事

情報公開」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576385/62002273

この記事へのトラックバック一覧です: ここでいったん「中締め」にします:

« 今も心に響く和田委員意見書 | トップページ | 「中締め」に当たって1・私が現行法曹養成制度に反対している理由 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ