大学野球

2015年5月25日 (月)

東大連敗ストップに思う

昨日は東大は2対6で敗れ、勝ち点奪取はなりませんでしたが、神宮では球場の内外に普段はみられない報道のテレビカメラが結構いて、連敗ストップの反響の大きさを物語っていました。

ただ、今回の1勝は「快挙」でもなんでもないことは指摘しておきたい思います。
総当たりのリーグ戦で争う勝負事ですから、勝敗がイーブンで平均点です。5年前に最後に勝った日を起点とすれば、今回1勝したことで借金「94」が「93」に戻ったに過ぎません。昨日負けてしまったので再び借金「94」に逆戻りです。優勝争いとまでは言わないけど、OBの大越さんが言う通り、せめて「他大学の脅威」になることを目指すべきと思います。

Dsc_00655


私が今回の1勝に思う意義は、ありきたりですが“明けない夜はない”“乗り越えられない壁はない”ということです。

東大戦を一度、神宮でみれば分かると思いますが、東大と他大の選手では体格の大きさが一見して違います。シートノックの動きでも実力の差はありあり。高校時代の活躍実績はもう天と地の差があります。この実力差を考えれば94連敗はさもありなん。100連敗も仕方がないとすら思っていました(ならば実力拮抗が前提のリーグ戦から出て行くべき、という議論はここでは脇に置きます)。

出口の見えない長いトンネル、乗り越えられそうもない高い壁が東大の前に立ちはだかっていました。それでも地道な努力を積み重ね、試行錯誤を繰り返して弱者が強者を倒すための戦略を構築し、そこに相手のミスが重なれば勝機はある。その成果が先の1勝だと思います。乗り越えたい、という確固たる意思があれば乗り越えられない壁はない、とあらためて思いました。

ただ、これには「時間」の限界があるという点に留意が必要です。
チームとして考えれば、リーグが未来永劫続く限り、壁を乗り越えるのに費やせる時間はいくらでもあります。しかし、選手個人として考えると、費やせる時間は4年間しかありません。実際、この春に卒業した部員は一度も勝利を味わうことがないまま、壁を乗り越える時間を打ち切られてしまいました。
司法試験でも現行制度はロー終了後または予備試験合格後5年5回しか受験できないという時間制限があります。
さらに言えば人はいつか必ず死ぬ、という絶対的なタイムリミットがあります。

結局、目標を達成するという確固たる意思の存在を前提に、目標達成までの高い壁は努力や工夫や戦略を駆使すれば必ず乗り越えられる。ただ「時間の壁」だけは乗り越えることができない。「夢」は努力すれば何でも必ず実現できるわけではなく、時間との兼ね合いは無視できないと実感しました。

ところで私が東大戦を見続けてきた主たる動機は、東大が勝つ瞬間を生で見たい「番狂わせ」の醍醐味を生で味わいたいというものでした。その目的は土曜日に達成しました。これからは今ほど頻繁に神宮に行くことはないと思います。
これからは東大が勝っても決して「番狂わせ」ではない。そういう時代になると信じているからです。

2015年5月23日 (土)

【速報】東大勝ちました

延長の末6対4で法政下しました。
本当に感動しました。
足しげく神宮に通ったかいがありました。

東大応援部、存続の危機(朝日新聞デジタル)

東大応援部が大ピンチ 新入生集まらず存続の危機(朝日新聞デジタル)
http://www.asahi.com/articles/ASH4Z3RRJH4ZULZU004.html

うーん、これは危機的ですね。
東京六大学で東大野球部は最弱ですけど、東大応援部は最強と思っています。
でも人が集まらなければどうしようもない。

ここは野球部が勝つことで応援部を盛り上げてこれまでの恩返しをするしかないでしょう。

2015年5月20日 (水)

久しぶりに泣けた記事

「非情と温情 史上唯一「サヨナラボーク」の真相」(中日スポーツ)
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/column/koshienshinseiki/CK2015051902000252.html
「サヨナラボークを宣告した審判の心中」(デイリースポーツ)
http://www.daily.co.jp/baseball/2015/05/19/0008039063.shtml

ほとんど同じ内容の記事が別のマスメディア媒体に同日に掲載されている事情はよくわかりませんが、それはさておき、久しぶりに新聞記事で泣けました。

この有名なサヨナラボークの試合はリアルタイムでテレビ中継を見ていました。最後の予想外でせつない幕切れは高校野球史に残る名場面といっていいと思います。
この試合については、両チームゆずらない拮抗した展開の果てに予想外のミスで勝負が決まった好ゲーム、という印象を持っていましたが、審判の非情さを指摘する声があったとは知りませんでした。
審判は正しくジャッジして当たり前。微妙な裁定をすればあちこちから非難されるつらい立場ですから、こういう裏話で審判の隠れた苦悩を知ることができてよかった。

経歴からみて林球審は東京六大学野球でも選手、審判として活躍されたとお見受けします。

記事中の宇部商投手とのやりとりも感動的ですが、個人的に涙腺が崩壊したのはココ。

 大敗の終盤に背番号「18」の選手が代打で出てくる。明らかに足が震えていれば、こっそり「深呼吸しなさい」とささやいて、汚れてもいない本塁ベースを掃き、時間を取ってやる。
 「甲子園は、誰にとっても一世一代」。少しでもいいプレーをさせてやりたい。

緊張がまだとけないフレッシュマンの姿を会社で見かけるこの時期。
今の私は自分のことだけで精いっぱいだけど、できれば林球審のような目配り心配りができる先輩でありたいです。

2015年4月18日 (土)

東六の東大戦の面白さとは

ここ数年、東大の試合を数多く現地で観戦していますが、東大の連敗が続けば続くほど、相手チームには「東大相手の敗戦は言うまでもなく、ちょっとしたミスや凡プレーすら絶対に許されない」的な緊張感が増しているような気がします。
具体的に言いますと「東大に負けることは絶対に許されない」という至上命題を背景に、東大戦で相手選手がミスや打ち損ねを続けた後に、他大との試合では見られない「懲罰的な」選手交代を時折、目にしました。

始まったばかりの今春だけを見ても、東大との第1戦で明治の主力選手がチャンスで2打席凡退だけで交代。第2戦は出番がありませんでした。

今日も得点圏にランナーを置いて2打席凡退した早稲田の先発野手が、3打席目は代打を送られました。

こんなにあっさりと交代を命じられることは対東大以外ではそれほど見られません。

一方、通常ではありえない、信じ難い凡ミスが他大の対東大戦では結構見受けられます。「東大には絶対に負けられない」という一種独特の雰囲気がもたらす緊張感が、選手の手元足元を狂わせていると推察されます。

東大戦の面白さは、こうした独特の雰囲気と、それがもたらす意外性のプレーにあります。“東京六大学野球から東大を外せ”と主張する方は、野球の本当の面白さが分かっていない、と私は思います。

今季こそ勝利の予感

東京六大学野球は春季リーグが開幕。
今日の結果は東大2-5早稲田

150418_130714

6回表まで東大がリードし、球場がざわついた異様な雰囲気になりました。
しかし、その裏に同点。7回についに逆転を許しました。
東大はここまで3試合戦いましたが、11日(東大0-2明治)は、わずか2点差。
12日(東大0-7明治)は両チームの安打数が同じで、点差ほど力の差はありませんでした。
今年は投手力が明らかに向上しています。
今季こそ勝利が期待できそうです。

2015年3月25日 (水)

松山東が甲子園で勝利!

「松山東、65年ぶり甲子園1勝!センバツは初勝利!」(スポーツ報知)
http://www.hochi.co.jp/baseball/hs/20150325-OHT1T50171.html

文武両道の実践ですね。感動しました。
敗れましたが二松学舎もいいチームでした。
「判官びいき」の雰囲気の中でやりにくかったと思います。

「進学校で偏差値70 松山東の監督が明かすチーム強化の工夫」(日刊ゲンダイ)
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/158299

連敗記録更新中の東大野球部にも参考になるかな。

2014年10月28日 (火)

連敗脱出は来年に持ち越し

「東大86連敗で初屈辱0勝のまま4年生卒業」(日刊スポーツ)
http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp3-20141027-1387829.html

本当に惜しいシーズンでした。喜びは来季まで持ち越しです。

「東大 86連敗 神宮8勝 OBの大越キャスター『重荷に感じる必要ない』」(スポニチ)
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/10/26/kiji/K20141026009173830.html

大越さんは本当にいいことを言います。

2014年10月25日 (土)

決戦は土曜日と日曜日!

今日と明日は予備試験の口述試験。
集合場所は屋外だと思うので、好天に恵まれて良かったです。
できるだけ落ち着いて、問答の継続を心がければ結果はついてくると思います。
受験されるみなさん、頑張ってください。

もう一つ、土日決戦があります。東京六大学野球です。
立教対明治は今季の優勝をかけた争い。
東大対法政は今季の5、6位をかけた争い。
いずれのカードも注目です。

2014年10月11日 (土)

東大、惜敗

立教戦、2ー4で惜敗しました。
夜明けは近いと思います。

20141011_164957a

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ