裁判

2015年6月10日 (水)

どうなる憲法学(者)の権威

与党推薦教授「危険なやり方」  学者199人「違憲」 (6/8TBSニュース)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2513163.html
この報道によると、安保関連法案に反対する声明に賛同する憲法学者の署名は8日午後10時時点で199人分に上っています。
 
またhttps://twitter.com/akahataseiji/status/608281253058445312によると
「テレ朝報ステが憲法学者アンケート。198人中50人から返ってきた中間集計を紹介。安保法制は憲法違反にあたるが45人。違反の疑いがある4人で、違反の疑いはないが1人いた。」
とのことです。

こうした憲法学者の「違憲」の主張に対し政府は反論しています。
集団的自衛権:政府「行使は限定的」…違憲指摘に反論(6/9毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20150610k0000m010026000c.html
安保法案:「違憲」に法制局長官が反論(6/10毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20150610k0000e010201000c.html

原発の安全性に関する専門的知見を持つ科学者の大多数がもし原発の再稼働に反対したら、政府はとても再稼働の方針を打ち出せないだろうと思います。そういう状況で政治家が「再稼働しても安全だ」と言い張ったり、科学者の意見に反論したりしたところで誰にも信用しもらえないと思います。政治家の知見が及ばない専門的分野はやはり、専門家の科学的学術的判断に委ねざるを得ない場合があるでしょう。現に再稼働の判断は、専門家をメンバーとする原子力規制委員会の判断に実質的に委ねられています。

しかし、安保法制をめぐり政府は大多数の憲法学者による「違憲」の主張に耳をかさず反論しています。

原発再稼働に関し科学的知見をある程度尊重しようとする姿勢と、どうして違うんでしょうか。
社会科学は理学や工学よりも政治になじむということなんでしょうか。だとしても政治家の憲法解釈に関する知見が、憲法学者よりかなり劣るのは間違いないと思いますが・・・。

いずれにせよ、このまま政治に押し切られたら憲法学(者)の権威は失墜するだろうと思います。

2014年2月 1日 (土)

給費制廃止違憲訴訟第1回口頭弁論@東京地裁

給費制廃止違憲訴訟のうち、東京地裁に提訴された訴訟の第1回口頭弁論が1月29日午後に行われました。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2014-01-30/2014013014_01_1.html

私は以前のエントリーで宣言した通り、本訴訟を応援しています。

29日も弁論の傍聴を予定していましたが、所用ができてしまい、かなわず残念でした。
次回は傍聴できればと思っています。

2012年10月21日 (日)

「番狂わせ」の醍醐味

今日は東京六大学野球・秋季リーグで東大の最終戦となりました。
立教に0対2で惜敗。

Photo

結局、今季の勝利はなりませんでした。
慶應と引き分ける惜しい試合もありましたが、
勝利は来季に持ち越しとなりました。

自分は、なんで東大の「勝利の瞬間」を見たいのかな、と
あらためて考えてみたところ、

番狂わせ(大金星、アップセット)の痛快さ、壮快さを生(なま)で味わいたい

ということなんだなあ、と再認識しました。

「東六」で東大は、現状では、唯一無二の弱小チームです。
このチームが他の大学に1勝でもすれば、
その試合は「番狂わせ」ということになろうかと思います。
(直近の勝利は2年前の斎藤佑樹先発の早稲田戦)

私が番狂わせを生(なま)で目撃したのは、相当以前にさかのぼります。巷間、番狂わせが少ない、と言われるラグビーでした。
1981年(昭和56年)12月の関東大学ラグビー対抗戦、早稲田対明治は、戦前、明治圧倒的有利の下馬評でした。
しかし、結果は早稲田が勝利。伝説的指導者であった監督の名前にちなんで「大西マジック」と呼ばれました。

http://www.youtube.com/watch?v=Hk0WKmdPLKQ

http://blog.livedoor.jp/charlie1962/archives/51210885.html

この時、まだ大学にも入っていなかった私が、生観戦した国立競技場で受けた衝撃と、番狂わせの醍醐味は今でも忘れられません。

しかし、明治も黙っていません。
翌1982年度の大学選手権で明治は、低迷期を脱して黄金期に入ったと思われた早稲田を、圧倒的不利の下馬評を覆して破り、雪辱を果たします。

http://www.youtube.com/watch?v=pAZi7M01tBk

これも国立で生で観ていました。「大西マジック」からわずか1年余りの出来事です。当時、若輩者ながら「諸行無常」「盛者必衰の理」をあらためて痛感しました。

「番狂わせ」の類型としては
①希有な失策や運不運によって本来、実力のある一方が、実力のない他方に(当該一戦に限って)負ける場合
②実力に勝る方が勝利したが、実力に勝っていたことをマスコミ、世間が戦前に認識していなかった場合
③実力に勝る方が勝利したが、勝利した方は一般的に見て、負けた方より戦前の準備、鍛錬の環境において著しく劣悪な環境にあった場合
が考えられると思います。
上記①②③の要素が混然としている場合もあるでしょう。

こうした「番狂わせ」はスポーツばかりでなく、あらゆる「勝負事」で起こり得ます。

たとえば選挙。事前の世論調査に基づく予測を覆す結果になることはよくあります。

裁判も、結果を「勝訴」「敗訴」と呼ぶように勝負事ですね。
先日の参議院定数不均衡訴訟も大法廷で「違憲判決」が出たら、従来の最高裁判例の流れやマスコミの事前の見立てを根底から覆す「番狂わせ」だったでしょう。私がわざわざ傍聴に行ったのは「番狂わせ」の場面を生で見たい聴きたい、という思いからで、東大の試合を観戦に行くのと相通じるものがあります。

試験も勝負事ですね。
高齢または若年の方、苦学された方などの難関試験の合格が話題になるのも、一種の「番狂わせ」だからではないかと思います。

司法試験における現役社会人も同様です。一般に受験勉強の環境において、他の受験生より劣勢にある現役社会人が、新・旧や予備・LSルートを問わず、司法試験に合格することにも「番狂わせ」の妙味があると、私は思っています。

その瞬間をこれからもたくさん見聞きしたいと思っています。

2012年10月17日 (水)

参議院選挙定数不均衡違憲訴訟大法廷判決

10年参院選は「違憲状態」 1票の格差で最高裁(東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012101701001533.html

行ってきました、大法廷。

Photo_2

「法令違憲判決の言い渡しを生で聴きたい」というミーハーな動機で傍聴したんですが、期待は外れてしまいました。
違憲の主張を法の下の平等ではなく、統治論から再構成する画期的な訴訟でしたが、最高裁の判断は「違憲状態」にとどまり「違憲」までは踏み込みませんでした。

ただ、反対意見、補足意見があるようですから、明日の新聞でじっくり読んでみます。

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ